タブレットPCを購入してみて感じたこと

現在では情報ツールとしてはパソコン派とスマートフォン派とわかれると思いますが、私はずっとパソコン派であります。 もちろんスマートフォンも利用していますが、たとえばインターネットバンキングやインターネットトレードなど重要なことはすべてパソコンでやっています。しかしやはりパソコンは持ちあるくことや機動性ではスマートフォンに劣っているのは間違いなく以前からタブレットPCにも注目はしていました。

かといって、パソコンの代わりをタブレットPCが完全にできるかと言えばそれもできないので、タブレットPCがどうなるのか様子を長い間見ていました。 タブレットPCをなかなか購入しなかったのは、少し前まではタブレットPCも納得がいくような値段ではないのと、パソコンとスマートフォンの通信費でかなり費用がかかっているのに新たにタブレットPCの通信費とかけるということはかなり厳しかったせいもあります。 その私がタブレットPCを購入す売るのを決断したのは価格の安いタブレットPCが発売されたことと、スマートフォンのデザリング機能ができたので、タブレットPCのwifiモデルを購入すれば、タブレットPCの通信費は不要になるということが決め手でした。すなわち、タブレットPCは本体価格だけで使用できるようになったからです。 タブレットPCを使ってみて素直な感想はやはりまだまだ中途半端な感じが否めないということです。

パソコンほどにヘビーに使うためにはやはりキーボードが必要であると考えますし、キーボードを持ちあるくと起動性が低くなってしまいます。いつも持ち歩くとなれば、やはり携帯性はスマートフォンにはかなり劣ることも確実です。

やはり私にとっては、パソコンとスマートフォンの中間くらいの役割に成ってしまっています。 スマートフォンほど持ち歩かないし、パソコンほどヘビーに使えないということになっています。 それでもちょっとした場面では使っていますので使わないこともありません。 次世代のタブレットPCがどうなるかはわかりませんが、これからのタブレットPCの発展がどうなるのかを見守りたいと考えています。

人気特典の評判は?

このページの先頭へ